過払い金(グレーゾーン金利)はなぜ発生するのか?

過払い金請求、という言葉がテレビやラジオ、中吊り広告などで頻繁に目にするようになってずいぶん経ちました。
名前だけはすっかりおなじみになった「過払い金」ですが、いったいなぜ、「過払い」という状況が生じるのか?については、意外とみなさん、ご存知ないようです。

 

そもそも、過払い金というものが生じるようになった原因は、法律の改正にあります。

 

過払い金、というのは厳密には消費者金融との金銭消費貸借契約(お金の貸し借り)で生じたものです。

 

以前から、消費者金融のお金の貸し借りに関わる決まりを定めた法律である「貸金業法」には、「消費者金融がお金を貸すときは、これ以上の利息を取ってはいけません。決まりを破ったら罰則がありますよ」といった決まりはありませんでした。

 

金利については、「利息制限法」と「出資法」という2つの法律で決められた利率があって、多くの消費者金融が、「利息制限法では違法だが、出資法では合法」という、曖昧な利率を用いて取引をしていました。これがグレーゾーン金利というものです。

 

今般この「貸金業法」が改正されてが、消費者金融がとってもいい利率が明確化されました。
法定利率という利率が決まった結果、これまでの取引は大部分、利息の取りすぎになっていることになりました。
これが、過払い金、というものです。
払い過ぎた分は理由なく払いすぎているわけですから、当然返してもらう権利がある、ということになったわけです。

こんな記事も読まれています。