債務整理の種類って?違いやメリットデメリットについて

債務整理の種類って?違いやメリットデメリットについて

借金が膨らんでしまって生活の維持が困難になっても諦める必要はありません。
債務整理によって借金を大幅に減額出来たり、無くしてしまう事も可能なのです。
債務整理には3つの方法があります。

 

まずは任意整理です。
これは債権先と交渉して、借金の減額を交渉する方法です。
裁判所を通しませんので、交渉力が問われる債務整理と言えます。
任意整理の時に大きなポイントになるのが、過払い金の発生です。
過払い金とは金利が高い時代に長期間に渡って、返済を続けていた時によく見られるもので、
必要以上に返済してしまったお金の事です。

 

この過払い金は借金の返済に充てる事が出来ますので、借金の減額に大きな武器となるのです。

 

そして民事再生があります。
これは任意整理してもなお大きな借金が残る場合に用いられる方法です。
地方裁判所を通じて再生計画を立て、減額された残りの借金を無理のない範囲で返済していきます。
自宅のローンは別扱いになりますので、家を失いたくない場合に有効です。

 

そして最後に自己破産です。
こちらも地方裁判所を通じて実施されますが、民事再生との違いは借金が完全になくなる事と、
家を手放す事になるという点です。
いずれの場合にも共通しているのは、弁護士や司法書士に早めに相談するという点です。