過払い金の計算方法は?

過払い金の計算方法は?

消費者金融から29.2パーセントの金利で、50万円の融資を受けていた場合には、1年間で14万6千円の利息が発生する事になります。

 

元本が50万円の場合の利息制限法の上限は18パーセントとなっているので、利息制限法に基づいた融資であれば年間で9万円の利息が発生する事になります。

 

29.2パーセントという金利は、数年前まで消費者金融が実際に設定していた金利です。利息制限法の上限を超えた金利となっており、現在は大きく引き下げられています。金利が引き下げられる以前に支払っていた利息の一部については、過払い金となり返還の請求を行う事が出来ます。

 

14万6千円から9万円を引いた5万6千円が過払い金という事になります。
毎年5万6千円多く支払っていたという事になります。
この金額が元本の返済に充てられていれば、全て完済していたと認めれて以降に支払われた利息分はすべて過払い金として計算されます。

 

しかもこの期間に支払っていた利息については、貸金業者に預けていたという認識となるので逆に金利が発生するという事になります。

 

このために過払い金は、自分が考えている以上に大きな金額となります。
返還された過払い金によって、元本を全て完済する事が出来るというケースも珍しくはありません。

 

>>過払い金はなぜ発生するの?

こんな記事も読まれています。