過払い金請求のデメリットって?

過払い金請求のデメリットって?

消費者金融が行っているキャッシングは、数年前まで29.2パーセントという金利で行われていました。
この29.2という数字は出資法の上限金利であり、利息制限法の上限を超えていました。
貸金業法及び出資法が改正された事によって、現在では出資法の上限金利での貸し付けを行っている業者はなくなっています。

 

利息制限法を超えて支払っていた利息は過払い金と呼ばれています。
29.2パーセントという金利で融資を受けていた利用者には、過払い金が発生している事になります。

 

利用期間が長い人ほど、過払い金の金額も大きなものとなっています。
この分の金額については融資を受けていた貸金業者に対して、返還する事を請求する事が出来るようになっています。これを過払い請求と呼んでいます。

 

過払い請求を行った事は金融機関の信用情報に記録されていましたが、過払い請求を行う事は利用者にとっての正当な権利である事が認められたので、記録されていたデータは廃棄されています。過払い請求を行った事によって生じてしまうデメリットはほとんどありません。

 

唯一考えられるのが、過払い請求を行っている貸金業者からの融資は、今後も受ける事が出来ない可能性が高いという事です。

こんな記事も読まれています。